思い切って、かつらを修理しよう

思い切って、かつらを修理しよう

私たちのような一般人で、かつらを利用する人の中には、加齢や病気などで薄毛に悩む人もいれば、服装に合わせたファッション目的の人もたくさんいます。

頭髪全体のものと、頭頂の部分だけのものがありますが、特に薄毛に悩んでいる人にとっては、かぶるだけで、明るい気分になれるし、お洒落をして外に出かけたくもなるものです。

最近では、人口でも質の良いものが出てきましたが、昔は、他人に着けていることを知られたくないと思うと、どうしても人毛などの高価なものを購入しなければならず、自分の頭髪以上に入念な手入れが必要でした。

しかし時を経れば、ヘアスタイルの流行も、好みの色、肌色に合う髪の色も変わりますし、金具が甘くなって、うまく取り付けられなくなったりもします。

もし自宅にそんなかつらが眠っているという方は、かつらを修理してくれる業者やお店に相談してみてはいかがでしょうか?修理や染直し、カットなどが可能であれば、長い間、眠っていたもので、また新たなお洒落を楽しめるかもしれません。

かつらの修理は、専門の業者にしかできない

商品を購入したけれど、壊れて使えなくなり、買ったお店に持っていくと、メーカーに頼んでも、経過期間によっては、様々な理由で修理不可能だとか、新たに購入した方が安くつくと言われたことがあると思います。

電化製品だと、部品は何年間供給可能とかいう決まり事があり、その間は修理をしなければなりませんが、これが身に着けるものだと、なかなかそうはいきません。

誰かの汗が染みこんだものには、価値がなくなると考える人が多いからかもしれません。

かつらも、衣服と同じで。

かつらの修理承ります

頭に直接着けるので、どうしても汗や皮脂が染みこんでしまいます。

近年は、何でもきれいに洗ったり磨いたりして、再利用しようという風潮があり、リサイクルショップで売っていないものは生鮮食品くらいになりましたが、かつらについては、新品以外、リサイクルショップで見かけることはほとんどありません。

これは下手に洗うと型崩れしてしまうし、留め金やネットの取り替えなどの修理や修復などは、専門の技術者でないとできないからです。